Marco,チェザネーゼ,イタリア,ラツィオ,Cantine,/chasteningly1336821.html,マルコ,/,1120円,750ml,San,赤ワイン,ビール・洋酒 , ワイン , 赤ワイン,CESANESE,/,www.hensels-kremserfahrten.de,ラツィオ州の伝統品種であるチェザネーゼを100%使用した特徴的な味わい,IGT,カンティーネ,サン,フルボディ,[2016] 1120円 ラツィオ州の伝統品種であるチェザネーゼを100%使用した特徴的な味わい カンティーネ サン マルコ / チェザネーゼ [2016] 赤ワイン フルボディ 750ml / イタリア ラツィオ IGT Cantine San Marco CESANESE ビール・洋酒 ワイン 赤ワイン ラツィオ州の伝統品種であるチェザネーゼを100%使用した特徴的な味わい カンティーネ サン マルコ チェザネーゼ 2016 赤ワイン フルボディ Cantine お見舞い ラツィオ Marco IGT CESANESE San 750ml イタリア ラツィオ州の伝統品種であるチェザネーゼを100%使用した特徴的な味わい カンティーネ サン マルコ チェザネーゼ 2016 赤ワイン フルボディ Cantine お見舞い ラツィオ Marco IGT CESANESE San 750ml イタリア 1120円 ラツィオ州の伝統品種であるチェザネーゼを100%使用した特徴的な味わい カンティーネ サン マルコ / チェザネーゼ [2016] 赤ワイン フルボディ 750ml / イタリア ラツィオ IGT Cantine San Marco CESANESE ビール・洋酒 ワイン 赤ワイン Marco,チェザネーゼ,イタリア,ラツィオ,Cantine,/chasteningly1336821.html,マルコ,/,1120円,750ml,San,赤ワイン,ビール・洋酒 , ワイン , 赤ワイン,CESANESE,/,www.hensels-kremserfahrten.de,ラツィオ州の伝統品種であるチェザネーゼを100%使用した特徴的な味わい,IGT,カンティーネ,サン,フルボディ,[2016]

ラツィオ州の伝統品種であるチェザネーゼを100%使用した特徴的な味わい カンティーネ サン マルコ チェザネーゼ 2016 赤ワイン フルボディ Cantine お見舞い ラツィオ Marco IGT 好評受付中 CESANESE San 750ml イタリア

ラツィオ州の伝統品種であるチェザネーゼを100%使用した特徴的な味わい カンティーネ サン マルコ / チェザネーゼ [2016] 赤ワイン フルボディ 750ml / イタリア ラツィオ IGT Cantine San Marco CESANESE

1120円

ラツィオ州の伝統品種であるチェザネーゼを100%使用した特徴的な味わい カンティーネ サン マルコ / チェザネーゼ [2016] 赤ワイン フルボディ 750ml / イタリア ラツィオ IGT Cantine San Marco CESANESE



 CESANESE

 チェザネーゼ

赤ワイン
味わいフルボディ
ヴィンテージ品名に記載
産地イタリア ラツィオ
格付IGT
品種チェザネーゼ(100%)
ALC度数14.5%
飲み頃温度16~18℃
キャップ仕様コルク

◆商品説明コストパフォーマンスに優れたワイン造りに定評があるサンマルコが造るラツィオの伝統品種のチェザネーゼ種100%の個性派ワインです。

古代ローマ法王にも愛されたチェザネーゼは中部ラツィオ州唯一の土着の黒ブドウ品種「チェザネーゼ」。その最初の記録は古代ローマにまで遡り、当時の王族やローマ法王に愛されてきた非常に古い歴史を持つブドウ品種で、森林だった場所を開墾したことから「木を伐採した土地」を意味する「チェザエ(cease)」に由来しています。

また、チェザネーゼは古代ローマの博物学者プリウニスの記録にも残されています。また、若きゲーテもチェザネーゼを愛していたとされていて、非常に高品質な赤ワインになると認識されていました。

濃いルビーの色調で熟したベリーの豊かな果実味が印象的で力強いタンニンを楽しめます。

~テイスティングノート~
ガーネットやルビーの色合い。香りはレッドベリーの香りで、全体的に強く印象的です。ラツィオ州の伝統品種であるチェザネーゼを100%使用した特徴的な味わいで、余韻も長く辛口な味わいです。
◆合う料理ローストした肉やグリル肉、ジビエ、チーズ


 Cantine San Marco

 カンティーネ サン マルコ


ラツィオ州唯一の土着黒葡萄のチェザネーゼの個性を導き出す類まれな造り手
◆歴史時には美しいものが予期せぬ状況で生まれることもあります。
これは創始者であるウンベルト・ノートナッコーラとブルーノ・ヴィオロにも当てはまります。彼らのワインに対する情熱で1972年、ローマ州にサンマルコワイナリーを創設しました。
40年以上の彼らの献身的な仕事のおかげで息子たちにその情熱は引き継がれ、今も素晴らしいワインを造っています。新しい品種を試すと同時にラツィオの伝統品種の良さを引き出し紹介しています。
◆栽培土壌は火山起源でカリウム、リン、マグネシウムが豊富にあります。また丘陵地帯なので風が強い地域でもあります。
ブドウはギュイヨシステムを使用して栽培され、1ヘクタールあたり4.500本の植林と約80 ql / haの生産量があります。手作業で収穫し、ブドウが適切な成熟に達したときに注意深く選択しながら収穫します。

チェザネーゼはラツィオ州の唯一の土着の黒ブドウ品種になります。古代ローマまでその歴史は遡ることができ、ローマ法王にも愛された品種です。ただ第二次大戦後にブドウ畑が放置されるなどし、絶滅しかけますがその品櫃の高さから徐々に生産量が増え、2008年にはチェザネーゼ・デル・ピリオとしてDOCGに昇格しております。

ピノ・ネロ以上に実が小さくて醸造が難しく、造り手の力量が問われる品種ですが、タンニンが豊富で糖度も上がりやすく、良いワインが出来上がります。サン・マルコはそのチェザネーゼ個性を見事に表現したワインを生み出しました。
◆醸造チェザネーゼの個性を大切にし、ステンレスタンクで醸造、瓶熟は6か月以上。濃いルビーの色調で熟したベリーの豊かな果実味が印象的で力強いタンニンを楽しめます。


お支払い方法
ギフト対応
ワインのヴィンテージについてこちらのアイテムは、予告なくヴィンテージが変更となる場合がございます。正確なヴィンテージが必要な場合は、購入される前にメールにてお問合せ下さいませ。
※掲載画像はイメージです。お届けの品のラベルイメージ、ヴィンテージが異なる場合がございます。
メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています。

ラツィオ州の伝統品種であるチェザネーゼを100%使用した特徴的な味わい カンティーネ サン マルコ / チェザネーゼ [2016] 赤ワイン フルボディ 750ml / イタリア ラツィオ IGT Cantine San Marco CESANESE

株式ランキング

現在値 前日比 値上率 予想株価
1 3.0 +1.0 +50.00% 5
2 78.0 +25.0 +47.16% 117
3 381.0 +80.0 +26.57% 404
現在値 前日比 値下率 予想株価
1 2,255.0 -500.0 -18.15% 1,448
2 8,090.0 -1,500.0 -15.65% 5,133
3 313.0 -54.0 -14.72% 462
現在値 前日比率 配当利回 予想株価
1 10,510.0 +0.86% 10.90% 10,599
2 1,347.0 -2.82% 8.68% 1,461
3 1,521.0 -1.81% 7.95% 2,383

マーケットニュース

ヘッドライン

  • 今日 17:00
     週明け25日の東京株式市場は、日経平均株価が前営業日比204円安の2万8600円と反落。朝方寄り前から先物が大幅安で始まりヒヤリとさせられたが、日経平均は先物売り仕掛けにも比較的冷静で下値抵抗力を発揮した。例によってファーストリテイリング<9983.T>を売り込むことで指数を押し下げるパターン。同社株は一時3500円を超える5%近い下げとなった。市場では、中国で新型コロナウイルスの感染者数が再び増加しているとの報道が下げの要因に挙げられていたが、良品計画<7453.T>の下げは大したことがなく、日経平均寄与度の高いファストリへのピンポイント的な売り攻勢であったことが分かる。週明け早々のこのタイミングで、日経平均株価を下に叩きたいという思惑が存在している。  米株価指数先物が堅調な推移をみせ、アジア株市場も総じてプラス圏で推移するなか、日本固有の悪材料を探すとすれば政局不安以外にない。参院補選の静岡選挙区における自民敗北だけで東京市場のみ独歩安に売り込むインパクトはないが、きょうの相場の残像を今週末(=今月末)にかけても引きずる可能性があり、あまり芳しくない流れにあることは確かだ。ただ今週に深押しがあれば、選挙後に結果に関係なくイベント通過で買われる展開となる可能性もある。  岸田政権は本当に株式市場にとってネガティブな政権なのかは現状ではまだはっきりしない。しかし、長期上昇トレンドを構築したアベノミクス相場の初期のような、あるいは結果的に短命政権に終わったが、スガノミクスの文字がメディアに躍った時のような高揚感は総選挙が近いこのタイミングでも正直湧いてこない。  岸田首相は金融所得課税の強化については当面は封印することを表明したが、火消しに躍起となっていた感は否めなかった。また、市場関係者も「早い段階で数十兆円規模の経済対策に言及していたにもかかわらず、(今のところ)株式市場に完全スルーされてしまうというのも、財政再建論者のイメージが完全に染み付いてしまっているから」(中堅証券ストラテジスト)という見方が強い。株式市場にも国民にも不人気というのは少々気の毒だが、実際に自民党が単独過半数を維持するのは容易でないという雰囲気もあり「立憲民主と共産党の共闘態勢を考慮すると、自民・公明で合わせても政権維持(過半数の確保)が精いっぱいで安定多数の244議席を下回る可能性が高いのではないか」(ネット証券アナリスト)という声も聞かれた。  しかし、個別株はそうした全体視界不良相場の狭間にあっても、日替わりで間欠泉のように噴き上げる銘柄が随所にみられ、個人投資家にとっては面白味がある地合いだ。売買代金上位のレーザーテック<6920.T>や東京エレクトロン<8035.T>など半導体主力株は軟調だが、同じ半導体関連でも中小型株に強い動きをするものが多い。そのなか、出遅れで値ごろ感のある日本トムソン<6480.T>や、9月の戻り高値を抜いたタカトリ<6338.T>などは注目できる。また、パワー半導体分野で存在感を示す三社電機製作所<6882.T>ももう一段の上値余地に期待ができそうだ。  半導体関連以外では5G向け水晶デバイスで世界屈指の日本電波工業<6779.T>の押し目に着目したい。同じく押し目買い対象として、強力な上昇トレンドを形成中のアートスパークホールディングス<3663.T>あたりもマークしてみたい。このほか、今月初旬にも取り上げた三井松島ホールディングス<1518.T>は、元お笑い芸人の著名投資家が大株主に浮上したことで話題となっており、石炭高騰を背景とした「純投資」ということもあって、この先の株高ストーリーにマーケットの関心も高まりそうだ。過去の石炭市況との株価連動性が確認されており、時価は相当に割安圏にあるという見方で意外な相場に発展する可能性もありそうだ。住石ホールディングス<1514.T>や太平洋興発<8835.T>も合わせて注目となる。  あすのスケジュールでは、9月の企業向けサービス価格指数など。マザーズ市場にCINC<4378.T>が新規上場する。海外では10月の米消費者信頼感指数、9月の米新築住宅販売件数、8月の米S&Pコアロジック・ケースシラー住宅価格指数など。なお、国内主要企業の決算発表では、日本電産<6594.T>、キヤノン<7751.T>などが予定されている。また、海外ではテキサスインスツルメンツ<TXN>、ツイッター<TWTR>、アルファベット<GOOG>、マイクロソフト<MSFT>、ゼネラル・エレクトリック<GE>などが決算を発表する。(銀) 出所:MINKABU PRESS ...続きを読む

株価指数・通貨

期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年

日経平均

15:15
買い 売り
28,600.41
-204.43(-0.71%)
113.61
+0.05(+0.04%)

達人が選ぶチャンス株

マーケットカレンダー

10/24  〜 10/30

24
25
26
27
28
29
30
最近見た銘柄
銘柄名 現在値 前日比
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介